本文へ移動

検体輸送関連

感染性物質の輸送

はじめに

感染性物質は多種多様な理由から国内および国際的に輸送される。輸送する物質を損なわず、目的地への適時の到着を促すためにも、荷送人(荷物の送り主)には、輸送物の梱包や輸送条件が法的要件を厳守していることを確認する責任がある。
郵便、航空会社、その他の輸送業に携わる人々は、容器の破損、漏れ、または不適切な梱包により洩れ出した感染性微生物への暴露によって、感染する可能性を懸念している。したがって、感染性物質の輸送容器は、輸送中に破損する可能性を最小限に留めるように設計されていなければならない。さらにまた、確実に検体を無傷に保ち、そして時宣にかなった的確な処理を行えるような容器でなければならない。

分類(Classification)

危険物はその危険性分類(hazard classification)と組成により、国連番号(UN番号)と正式、輸送品目名(proper shipping nama)が割り当てられる。正式輸送品目名は、危険物品あるいは危険物質を明確に識別するために用いられる。

感染性物質は区分6.2に分類され、適宣UN2814、UN2900、UN3291、あるいはUN3373の国連番号が割り当てられる。

世界保健機構(WHO)の 「感染性物質の輸送規制に関するガイダンス」で感染性物質は以下のカテゴリーに細分類される:

カテゴリーA(Category A)
その物質への暴露によって、健康なヒトまたは動物に恒久的な障害や、生命を脅かす様な、あるいは致死的な疾病を引き起こす可能性のある状態で輸送される感染性物質をいう。

カテゴリーB(Category B)
カテゴリーAの基準に該当しない感染性物質をいう。
 UN3373:カテゴリーA以外の感染性物質

「感染性物質の輸送規制に関するガイダンス2013-2014(WHO)」(国立感染症研究所日本語訳)


※「感染性物質の輸送規制に関するガイダンス2013-2014(WHO)」の別添2に含まれる感染性物質の臨床検体等臨床検体については、感染症法の運搬基準に準じた方法で運ぶことが望ましい場合など、個別判断すべきケースもある。

輸送のための梱包要件

カテゴリーAの感染性物質(UN2814とUN2900)またはカテゴリーBの感染性物質(UN3373)によりもたらされる危害(健康被害)は異なるため、この2つのカテゴリーの梱包、ラベル貼付、添付文章に関する要件は異なる。

カテゴリーA

カテゴリーA(UN2814とUN2900)
梱包基準P620に準拠した梱包容器だけに限られる。
輸送時は、必ずカテゴリーA用の容器を用いて基本三重梱包で送る。 

◎ご提案商品(カテゴリーA)
  1次容器の干渉防止と漏れ対策として「吸水バッグ
        +
  2次容器、3次容器「サーパック(SERPAC)、パソパック、バイオボトル
        +
  オーバーバッグとして「バリアトランク(ジュラルミンケース)」をお使いいただき、3次容器と保冷剤やドライアイスを並べて収納

上記の組み合わせでのご使用をお勧めしております。(法的要件は3次容器までになります)

カテゴリーB

カテゴリーB(UN3373)
梱包基準P650に準拠した梱包容器だけに限られる。
輸送時は、カテゴリーBまたは、カテゴリーA容器を用いて基本三重梱包で送ってください。

◎ご提案商品
  1次容器の干渉防止と漏れ対策として「吸水バッグ
        +
  2次容器として「バリアパウチ
  + 
  3次容器として「バリアボックス
        +
  オーバーバッグとして「バリアトランク(ジュラルミンケース)」をお使いいただき、3次容器と保冷剤やドライアイスを並べて収納

上記の組み合わせでのご使用をお勧めしております。(法的要件は3次容器までになります)
上記の使用説明動画を作成しました。
  冷蔵保存にて検体を運搬される場合の保冷ボックスは「BioBoxQ」をおすすめしております。
3次包装までの梱包については、こちらの資料を参照ください。

<容器の組み合わせについて>
①「バリアパウチA5R」1枚と「バリアボックス5」(15mL試験管が6本くらい入ります)
②「バリアパウチA5R」1枚と「バリアボックス450」(15mL試験管が18本くらい入ります)
③「バリアパウチB4R」1枚と「バリアボックス450」(15mL試験管が24本くらい入ります)
④「バリアパウチB4R」2枚と「バリアボックス450」(15mL試験管が48本くらい入ります)

がおおよその収納数になっております(直径16mmの試験管を用いた場合)。

SARS-CoV-2の遺伝子検査の検体を外注にて検査する際の輸送は、カテゴリーBの感染性物質の規定に従い輸送することが、所定点数4回分の算定に必要とされております。
不活化されたSARS-CoV-2疑いの検体の輸送について、日本郵便からカテゴリーBの感染物質の規定に従ったもののみを取り扱うことが示されています。
・「貨物自動車運送事業者を利用して検体等を送付する場合の包装に関する遵守事項」が令和2年4月14日に策定されています。ドライアイスを冷媒として使用する際の取り扱いについて詳細に記載されています。事故防止のためにお読みください。その他「感染性物質輸送容器紹介ページ、弊社の「感染性輸送容器カタログ」と国立感染症研究所の2019-nCoV (新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル」を参照ください。また、IATAより「Guidance for Operators」が出されております。

「どの商品をどのように組み合わせたら良いのかよくわからない」というお客様の声にお答えし、「新型コロナウイルス輸送キット」を新発売しました。一般病院様での検体数に最適なサイズの商品を組み合わせ、10回分の検体輸送に対応します。
品名:バリアパウチセットA5R 10
品番:BRS-A5R10
定価:7,500円
商品構成:バリアパウチA5R × 10枚
     バリアボックス5 × 10個
     吸水バッグ6連 × 10枚
TOPへ戻る