炭酸ガス培養とは

炭酸ガス要求菌とは、発育に一定の炭酸ガスを必要とする、または培養環境中に5~10%程度の炭酸ガスが存在した方が旺盛に発育する菌のことです。炭酸ガス要求菌を培養するには、培養環境中の炭酸ガス濃度を上げる必要があります。

アネロパックなら、水・触媒や、高価な装置を使用せずに、炭酸ガス濃度5%前後の環境を作り出すことができ、炭酸ガス培養を手軽に行なうことができます。

アネロパック・CO₂

アネロパック・CO2

炭酸ガス培養を手軽に行えます。

剤が容器内に5%前後のCO₂を発生し、炭酸ガス要求菌(ヘモフィルス、ナイセリア等)の発育を促進します。
CO₂インキュベーターがなくても、通常のインキュベーターで炭酸ガス培養が行えます。
Streptococcus属やBranhamella catarrharisなどの呼吸器感染症起因菌の検索にも有効です。(第9回日本臨床微生物学会)
2.5Lに1枚入れてお使い下さい。

アネロパック・CO₂によるガス濃度変化の例

アネロパック・CO2によるガス濃度変化

アネロパウチ・CO₂

アネロパウチ・CO2

検体の輸送用にも便利です。

1枚でΦ90mm平板2枚用です。
(培地が1枚の時は空のシャーレーを1枚追加して容積を一定にして下さい。)

  • 炭酸ガス要求菌について

    Neisseria〈淋菌・髄膜炎菌)やHaemophilus(インフルエンザ菌)など一部の細菌は、好気的にも発育しますが、環境に5~10%程度の炭酸ガスが存在するとより旺盛に発育します。また、発育に一定の炭酸ガスを必要とする細菌もあります。(Brucella属など)。
    培養ガス濃度:炭酸ガス=5~10%前後

代表的炭酸ガス要求菌

Neisseria
Neisseria gonorrhoese〈淋菌)
Neisseria meningitidis(髄膜炎菌)
Haemophilus Haemophilus influenzae(インフルエンザ菌)
Brucella  

剤と容器の対応表

  • 剤と容器の対応表はこちら

    PDFファイル(2022-08-02 ・ 261KB)

    ダウンロード

カタログダウンロード

  • アネロパックシリーズ・価格表 JAN付き

    PDFファイル(2023-08-07 ・ 370KB)

    ダウンロード

アネロパック使用方法

※撮影協力:株式会社ミロクメディカルラボラトリー

価格表

商品名 商品番号 商品構成内容 価格(円/税別)
アネロパック・CO2 A-61 剤×20個 4,500
アネロパック・CO2 A-62 剤×40個 8,600
アネロパウチ・CO2 A-63 剤×20個 4,200

※製品ページに掲載している価格は全て(税抜き)です。

剤─容器(ジャー/パウチ)対応表

剤の種類 対応する容器
(ジャー/パウチ)種類
剤使用個数 使用するクリップ 収納シャーレ枚数
(Φ90mm)
アネロパック・CO2 角型ジャー標準2.5L(A-110) 1個 10~12枚
角型ジャー大型7.0L(A-112) 3個 36~42枚
アネロパウチ・CO2
角型ジャー薄型420ml(A-111) 1個 2枚
Wチャック付きパウチ袋(A-65) 1個 2枚
パウチ袋(A-58) 1個 A-72 2枚

※アネロパウチ・CO2とパウチ袋の組み合わせで使用する場合は、必ずシャーレを2枚入れて下さい
(1枚だけ培養する場合でも、空のシャーレをもう1枚入れて下さい)。

関連製品

製品・
サービスを探す