本文へ移動

天井取付式・循環式空気殺菌灯

空気循環式紫外線清浄機 エアーリア シーリング

空気を循環させて除菌し、クリーンで快適な室内環境をつくります

特長

・強力な除菌力を発揮します。
 従来品と比較し実質風量を約2.5倍にアップ。より多くの空気を処理します。
・人体に対しての影響がありません。
 人に直接紫外線が当たらないので安全です。そのため人が介在する部屋でも連続運転が可能です。
 薬剤を使用しないので、室内の人や物に影響を与えません。
・ランニングコストに優れています。
 ランプの寿命は8000時間と長寿命。連続使用で約1年近く交換する必要がなく非常に経済的です。
・食品の品質・保存性を向上させます
 空間がクリーン状態となり、食品の品質向上および保存性を向上させます。
・病院内での感染防止にも効果を発揮します。
 浮遊菌を抑制することにより、院内感染の予防にも効果が期待できます。

用途例

  • 福祉施設など
    ⇒透析室、待合室、更衣室、談話室、食堂、調理室の空気除菌
  • 学校・幼稚園・保育園
    ⇒保健室、給食・調理室の空気除菌
  • 食品工場・レストラン
    ⇒製品のカビ・菌の発生防止、作業場・除菌、調理台・機械への落下菌防止
品番 FZS15202GL15/16
使用ランプ GL15×2灯
寸法(mm) 巾250×厚み159×長さ703
処理風量 約1,1mm3/分
消費電力 53.1W(50Hz)、45.2W(60Hz)/(AC100V)
適用空間 100m3
※適用空間は、設置容積の目安です。

循環試験データ

一般財団法人 北里環境科学センター(報告書番号:北生発 26_0309号)

空気循環式紫外線清浄機を運転することにより浮遊菌をどの程度除去できるかを試験チャンバーを用いて評価。

評価方法は、日本電機工業会規格JEM1467「家庭用空気清浄機」の付属書D「浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験」を参考。

試験概要

室内容量25m³[床面(3.3m×3.5m)×高さ2.2m]チャンバーの中央にFZS15201GL15/16を設置しネブライザーで試験菌液を噴霧して攪拌ファンで浮遊させ、経過時間毎にインピンジャーで吸引し浮遊菌を捕集。

捕集液または希釈液をTSA培地との混釈平板とし、36±1℃で48時間培養

試験菌:Bacillus subtilis ATCC 6633(枯草菌芽胞)

経過時間ごとの浮遊菌数 (CFU/50 L-air)

試験条件 時間(分)
0 30 60 90 120 180
自然減衰(コントロール) 41,000 22,000 48,000 26,000 58,000 17,000
空気循環式紫外線清浄機(15W 2灯) 22,000 22,000 4,900 2,800 1,200 150

経過時間ごとの浮遊菌数の減少率

適合ランプ

ランプ電力 形式 希望小売価格 紫外線出力(W) ランプ電流(A) 定格寿命(時間) 寸法(mm)
全長
15W GL15 ¥2,500 4.9 0.30 8000 25.5 436

ご利用に際して

  • 本製品は医療機器ではありません。
  • それぞれの実際の除菌・浄化効果は、お部屋の状況や使い方によって異なります。
  • 紫外線(除菌)ランプには微量ですが水銀を含んでいます。ガラスの破損に注意し、自治体の回収ルールに従い正しく分別・排出してください。
  • ファン動作音が発生しますので、静かな場所(図書館、美術館など)でのご使用に際しては、ご注意ください。
  • この器具の取付け電気工事は、電気設備技術基準による有資格者が行ってください。

安全上のご注意

  • 点灯中のランプは、絶対に直接または間接に肉眼で見ないでください。また、反射光も目に入らないようにしてください。目の痛みや視力障害の原因となります。
  • 紫外線を皮膚に直接または間接にあてないでください。皮膚の炎症を起こす原因となります。
  • 取付け、取外しや器具掃除のときは、必ず電源を切ってください。感電、目の痛み、視力障害や皮膚の炎症の原因となります。
  • 万一、煙が出たり異臭がしたときは、速やかに電源を切り、施工者または最寄りの当社営業所にご連絡ください。
  • ランプや器具の反射面が汚れると、除菌効果が低くなりますので、きれいな布にせっけん水を浸し、軽くしぼって拭き取るようにしてください。
  • 器具を改造しないでください。火災・感電の原因となります。
  • お手入れの際は、水洗いはしないでください。火災・感電の原因となります。
  • この器具は一般屋内用器具です。屋外や水気・湿気のある場所では使用しないでください。絶縁不良による感電の原因となります。
  • 器具の隙間に金属類や燃えやすいものをさし込んだりしないでください。火災・感電のおそれがあります。
TOPへ戻る