本文へ移動

PYRディスク

A群溶連菌、腸球菌、その他レンサ球菌など簡易・迅速鑑別用試薬

 

商品概要

PYR(L-ピログルタミン酸β-ナフチルアミド、別名ピロリドニル-β-ナフチルアミド)は酵素加水分解により、遊離のβ-ナフチルアミンを放出します。これはPEP試薬を添加した際の色の変化によって検出することができます。
 
【判定】
赤色を陽性と判定する(右の写真参照)。
オレンジ、サーモン、黄色は陰性と判定する。
 
【注意点】
  1. ディスクが湿り過ぎている場合は偽陰性となる。
  2. 選択培地または同定用の試験培地から菌を釣菌した場合は、偽陰性を生じることがあります。
  3. トリプトファンを含む培地(例えば、血液寒天培地)で培養した微生物の場合、PEP試薬のインドール反応により呈色反応が影響されます。具体的には、微生物のPYR反応、インドール反応の組み合わせにより、下記の表のような呈色反応を示すことが予測されます。
      PYR+ PYR-
    インドール+ 緑色または青緑色
    インドール- 暗いピンクまたは赤 黄色
     
 

使い方

1.ディスクをスライド・グラスの上に置き、水で湿らせます。
注)水分が過剰にならないように気を付けて下さい。ディスクが湿り気でスライド・グラスに固定される程度で十分です。
2.試験の対象となるコロニーを、ディスクに塗り付けます。
3.2~5分間室温に放置した後、付属のPEP試薬(インドール)を1滴滴下します。
 
4.1~2分で呈色反応が起こるのを観察します。
5.暗いピンクまたは赤から紫色の呈色反応が陽性です。
  緑色または青緑色そして黄色の呈色が見られる場合はPYR陰性です。

保存

しっかりフタを締めて、2~8℃で冷蔵保存して下さい。

●生化学性状


菌種
 
Lancefieldの分類

PYR
 

備考
 
Streptococcus pyogenes
A
+
Streptococcus agalactiae
B
Streptococcus dysagalactiae
subsp. dysagalactiae
C
Streptococcus dysagalactiae
sbsp. equisimilis
 
A, C, G
 
Enterococcus spp.
D
S. bovis:PYR(-)
Leuconostic spp.
Lactococcus spp.
Staphylococcus aureus
Staphylococcus intermedius
Staphylococcus lugdunensis
Staphylococcus schleiferi
Aerococcus viridians
Aerococcus sanguinicola
Aerococcus urinae
品番
入り数
価格(税抜き)
SDL-K1538B
50枚
13,000円
TOPへ戻る