スギヤマゲン ホーム > What's New > NEWS > 「ノロウィルスによる感染性胃腸炎の患者が多発しています。」

What's NewTOPICS一覧はこちらNEWS一覧はこちらEVENT一覧はこちら

TOPICS一覧へ戻る

  • 2012年12月25日
    「ノロウィルスによる感染性胃腸炎の患者が多発しています。」

国立感染症研究所によると、この冬ノロウィルスによる感染性胃腸炎の患者が多発しています。主な症状は下痢や嘔吐など。基礎疾患のある患者さんや高齢者の方の中には重症化するケースも見受けられ、大分県の高齢者施設、宮崎県の病院で発生した集団感染では死亡例も出ています。遺伝子が変異した新型が発生したことが流行の背景にあるとも見られています。

ノロウィルスは感染力が大変強く、生牡蠣など貝類からの食中毒感染の他、感染者の便や嘔吐物からも容易に感染します。

予防対策としては、手洗いの徹底、感染者の嘔吐物や便により汚染された部位の消毒により感染拡大を防ぐこと等が挙げられますが、この際、ノロウィルスはアルコールでは不活化されないので注意が必要です。

次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が推奨されていますが、塩素の漂白効果により絨毯やリネン、衣服の色落ちが生じる可能性があります。

その点、当社が取り扱っている「セーフメイト ウィロックスプレー&ウィロックシート」なら、米国EPAにより40種類以上の菌・ウィルスへの効果が確認された陽イオン系界面活性剤とアルカリ剤の組み合わせ処方により、消毒対象物の色落ちや腐食の心配なしに使用することができます。

→詳しくはこちら

サンプルの用意もございます。お気軽にお問い合わせ下さい(TEL:03-3814-0285)。