水質分析前処理用 各種蒸留装置シリーズ

JIS K-0102《工場排水試験方法》に準拠

工場排水の他、河川、湖沼、海洋などの水質基準の各項目ごとに対応した機種を取り揃えています。

便利な自動温度調節方式

便利な自動温度調節方式
便利な自動温度調節方式
自動温度調節方式モデルは、あらかじめ設定した温度で正確に蒸留でき、目的成分の回収率の向上を計りつつ、省エネ・省力化を達成できます。
(該当機種:EHP-341-ELC, EHP-521-ELC)

熱源は電気とガスをご用意

蒸留用の加熱方式は電気ヒーターとガスバーナーを用意しましたので、ご使用状況に応じてお選びください。電気ヒーターは100Vと200Vをご選択のう え、電源プラグの形状をご指定ください。ガスバーナーは、都市ガスやLPGなどご使用のガスの種類をお知らせいただければ、それぞれに対応したものを装備 いたします。

ガスバーナーとフラスコ間の間隔を自由に調節できます。

ガスの熱量によって、ガスバーナーとフラスコとの間隔を上下させ、火炎の当たり方を微妙に調節したい場合にも、自由な高さに変えられます。

一体構造・ステンレス製フラスコヒーター『エコヒート』搭載

フラスコヒーターとして、一体構造・ステンレス製の『エコヒート』を搭載。
水や薬液の液こぼれがあっても、ヒーター断線の心配がなく、安全です。着脱も簡単でメンテナンスも行い易く、従来型のヒーターからの交換も容易です。

その他、使い勝手の良さの数々

  • 設置場所の状況に合わせて、給水用と排水用の配管は左右どちら側へも接続できます。
  • 水蒸気蒸留を行う場合は、テフロンコックを開閉して、簡単に蒸気を導入/遮断できます。
  • ガラス器具を固定するクランプ、ムッフ、ジョイント挟みなどは、使い勝手が良好でスムースに位置を調節できます

ガラス器具の特長

  • 練達の職人によるガラス器具類は、まさに高度な手工芸作品と呼ぶべき仕上がりです。
  • ガラス器具同士を接続するテーパージョイントは、精密研磨を施した「透明摺り合わせ」仕上げのため、研磨面の凹凸が極小で異物が残留しにくく、コンタミネーションを嫌う超微量分析に適します。
  • ガラス素材は耐熱ガラスを使用し、丁寧・頑丈に細工してありますので反復洗浄など、ハードな取り扱いに耐えられます。
  • テフロン※1製のコックや温度計ホルダーの他、ガラス器具の可動部にボールジョイントを多用してあるため、器具を安全・確実に組み上げたり着脱したりできます。
    ※1:デュポン社(USA)の登録商標。

蒸留装置にエコヒート®


エコヒート®とは?

  • 当社蒸留装置向けに新たに開発されたヒーターです。一体構造のステンレス製フラスコ受け&ヒーターカバーの中に専用設計の高効率マントルヒーターを収納しています。

万全の液こぼれ対策

  • 従来機では、こぼれた水や薬液の浸透等でヒーター内部のニクロム線が断線して使用できなくなり、修理する必要がありました。
  • エコヒート®ではこの点を改良し、フラスコ受けをステンレス製とし、さらにヒーターカバーとの一体構造としました。
  • その結果、水や薬液がこぼれても内部への浸透が阻止できるため、ヒーターへの影響を受けません。拭き取り、洗浄も行い易くなっています。

従来ヒーターと交換可能

これまでお使いいただいている従来機種(※注)のヒーターとの互換性があります。
ヒーターは蒸留装置架台の取り付け台座から簡単・確実に着脱できます。
簡単に従来ヒーター → エコヒート®に交換可能です。