本文へ移動

Biopti System

公定法検査の自動化システム 「Biopti System」

ガラス製ダーラム管による公定法の検査の課題
 
コスト
・ガラス製ダーラム管は高価で、洗浄の手間もかかる。
・作業工数や検査人員を削減できない。
・難しい判定は、検査が属人化してしまう。
 
確実性
・牛乳など濁った検体は、陽性の判定が難しい。
・ガスの少ない菌の増殖は誤判定のリスクが高い。
・ヒューマンエラーが発生してしまう。
 
迅 速
・検査体制の構築は時間もコストもかかる。
・従来の検査期間だと約24時間かかる。
 
「働き方改革」が推進される中、これらの課題への
 早急な対応が必要とされています。

Biopti Systemはすべての課題を解決!


少量のガスで浮上するダーラム管
POINT1

圧倒的に軽いポリスチレン素材!

一般的なガラス製ダーラム管(比重2.5)に比べ、PSダーラム管はポリスチレン製で比重1.06と、ガラス製の半分以下
つまり少量のガスでも浮き上がるため、判定が容易となります。


POINT2

ガスが溜まりやすい特殊な形状!

PSダーラム管の切り口には凹凸が加えられており、一般的な形状のダーラム管よりもガスが溜まりやすくなっています。
そのため誤判定のリスクも大幅に下がり、判定時間も大幅に短縮されます


POINT3

手間の掛からない使い切りタイプ!

試験管に弊社が調整させていただく液体培地とPSダーラム管が封入された、滅菌済みの使い切りタイプとしてご提供するため、洗浄して再利用する手間もなくなり、検査の精度も向上させることができます。


POINT4

調製済液体培地を各種ご用意!

ダーラム管入り液体培地を各種ご用意しています。
※mMRS培地、RDサルモネラ培地にはダーラム菅が入っていません。
※1ケース200本入り、試験成績証明書つき。


液体培地ラインナップ
  • BGLB液体培地

    1ml検査用

    10ml検査用(2倍濃度)

    食品や水中の大腸菌群用

    胆汁およびブリリアントグリーンによりグラム陽性菌を抑制し、大腸菌群は乳糖発酵によるガス産生で確認できます。

  • EC液体培地

    1ml検査用

    10ml検査用(2倍濃度)

    糞便系大腸菌群用

    胆汁によりグラム陽性菌を抑制、糞便系以外の大腸菌群は44.5°C培養にて選択。乳糖発酵によるガス産生で確認できます。

  • BTB加LB培地

    1ml検査用

    10ml検査用(2倍濃度)

    食品や水中の大腸菌群用

    試料原液1mlを2本または3本に摂取して、35±1°Cで24~48時間培養、ガスの産生があればダーラム管が浮上し、陽性と判定します。

  • mMRS培地

    1ml検査用

    10ml検査用(2倍濃度)

    乳酸菌用

    発育が遅い腐造性乳酸菌を検出するために発育促進剤を追加した培地です。非加熱ビールの濁り、ロングライフ製品などの増殖の遅い乳酸菌の検出を行えます。

  • RDサルモネラ培地

    1ml検査用

    10ml検査用(2倍濃度)

    サルモネラ属用

    ラパポート培地とDHL寒天培地の機能を兼ね備えたサルモネラ培地です。サルモネラ以外の腸内細菌は強く抑制され、サルモネラが発育した場合、硫化水素を産生して黒色になります。



世界初!品質検査の自動化システム  -バイオプティー
POINT1

圧倒的精度!センサーが自動検知

PSダーラム管の浮上をセンサーが検知。ガスの発生を見落とすなどのヒューマンエラーがありません。培地の濁りや、ガスの発生しない場合も試験管内の濁度により検知することも可能。精度の高い検査が可能となります。


POINT2

最大60検体を同時測定!

最大60検体を同時に測定することができ、超高性能オイルバスによる温度制御で、±0.2℃の安定したインキュベーションが可能です。さらに検体ごとに個別の時間設定もできます。


POINT3

検査状況はパソコンで常時確認!

検査状況および検査結果はパソコン上で確認できるため、定期的に試験管内の状況を目視で確認する必要はありません。データも保存できます。
陽性の可能性がある場合、登録メールアドレスに最大10件警報通知することも可能。


POINT4

導入に時間もコストもかからない!

大腸菌群の自動検出装置「バイオプティ」は、機械本体とPCのセットをレンタルでもご利用いただけます。そのため導入に時間もコストもかかりません
担当者が直接お伺いして設置・動作確認しますので、ご安心ください。



 
公定法の大腸菌群検査が24時間から最短8時間へ
1/3大幅短縮!!
・洗浄して再利用する手間がなくなり、業務フローが簡素化!!
・見落としなどのヒューマンエラーがなくなった!!
・検査の自動化で作業工数が減り、作業効率が大幅改善!!
・検査精度が向上し安全性も向上、検査の属人化も改善!!
・手動だった検査がシステム化され、検査人員が削減!!
 
TOPへ戻る