本文へ移動

マイコパーム・ブルー、ファンギ・テープの使用手順

―サブロー・ブドウ糖斜面寒天培地からの病原真菌の同定―

マイコパーム・ブルー、ファンギ・テープの使用手順(1)
(1).マイコパーム・ブルー、ファンギ・テープの他に、プレパラート、竹串、はさみを用意します。
  (2).マイコパーム・ブルーを1滴、スライドグラスに滴下します。
(2).マイコパーム・ブルーを1滴、スライドグラスに滴下します。
  (3).ファンギ・テープを長さ約1cmにはさみで切り、竹串の先端に貼り付けます。斜面培地にさしこみ、集落に押し付け検体を採取します。
(3).ファンギ・テープを長さ約1cmにはさみで切り、竹串の先端に貼り付けます。斜面培地にさしこみ、集落に押し付け検体を採取します。
マイコパーム・ブルー、ファンギ・テープの使用手順(4)
(4).(2)の染色液の上に気泡が入らないようにゆっくりと(3)のテープをのせます。テープにマイコパーム・ブルーが拡がり観察可能となるのに約5分かかります。
完全に固定された標本を作製するにはスライドグラスの標本を水平に置き室温にて約30分静置します。

<染色例>

T.rubrum
T.rubrum
Microsprum gypseum
Microsprum gypseum
T.mentagrophytes
T.mentagrophytes
TOPへ戻る