微好気培養 -アネロパックシリーズ-

微好気性菌とは、酸素が3~15%の環境で生育する菌のことであり、代表的なものにカンピロバクター、ヘリコバクターがあります。微好気性菌であるカンピロバクターの培養、ヘリコバクターの培養を行なうには、培養環境中の酸素濃度を下げる必要があります。

アネロパックなら、水・触媒や、高価な装置を使用せずに、酸素6~12%、二酸化炭素5~8%の微好気環境を作り出すことができ、微好気培養を手軽に行なうことができます。(※微好気性菌は、一般に炭酸ガス濃度が高めの方が発育がよいと言われています。)

アネロパック・微好気

アネロパック・微好気

アネロパック・微好気
カンピロバクター、ヘリコバクターの大量培養に。
 
O濃度6~12%、CO濃度5~8%の微好気環境を1時間以内につくります。
培地のPHに影響を与えず、薬剤感受性試験に悪影響を与えない10%未満のCO濃度を維持します。
2.5Lに1枚入れてお使い下さい。
角型ジャー(大型)専用のアネロパック®・微好気(7L)もご用意しております。
アネロパック・微好気によるガス濃度変化
▶ 剤と容器の対応表はこちら
▶「アネロパック・ヘリコ(A-26,AS33)の販売終了スケジュールのお知らせ」はこちら

アネロパウチ・微好気(パウチ袋)・微好気(薄型ジャー用)

カンビロパウダー、ヘリコバクターの平板培地2枚までの培養に。
アネロパック・微好気(パウチ袋)
アネロパック・微好気(薄型ジャー用)
  • 検体の輸送用にも便利です。
  • 1枚でΦ90mm平板2枚用です。
    (培地が1枚の時は空のシャーレーを1枚追加して容積を一定にして下さい。)

〈微好気培養時のご注意〉
 
  • カンピロバクターやヘリコバクターは高湿環境を好みます。ジャー内を高湿にすることが好ましいです。具体的には、
    (1)ジャーの中に水を入れる(20ml程度)。
    (2)培地の表面をあまり乾燥させない。
    ・・・の2点を実施してください。
     
  • ジャー内に入れた水と剤が直接触れないようにしてください。間仕切つきジャーが便利です
     
〈微好気性菌について〉
 
酸素が3~15%の微好気的条件下で発育する菌を微好気性菌と言います。
ウシ、トリ、イヌ、ネコなど多くの動物が保有するカンピロバクター、胃の中等に生息するヘリコバクターがあります。
カンピロバクターは食中毒による下痢等を引き起こし、ヘリコバクターは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌を引き起こすこともあると言われています。
 
  • 培養ガス濃度:酸素=5~10%前後
    炭酸ガス=5~15%前後
    (一般に、高めの方が発育がよい。但し、感受性試験の際は10%以下がよいとされる。)
  • 代表的微好気性菌
Campylobacter属 Campylobacter jejuni、Campylobacter fetus
Helicobacter属 Helicobacter pylori

価格表

商品名 商品番号 商品構成内容 価格(円/税別)
アネロパック・微好気 A-28 剤×30個 6,900
アネロパック・微好気(7L用) A-29 剤×20個 11,000
アネロパウチ・微好気(パウチ袋用) A-25 剤×20個 3,800
アネロパウチ・微好気(薄型ジャー用) A-27 剤×20個 3,800
Wチャックパウチシステム・微好気 A-18 Wチャック袋×20袋
剤×20個
6,000
アネロパック・ケンキ5% A-07 剤×20個 8,000
※製品ページに掲載している価格は全て(税抜き)です。

剤─容器(ジャー/パウチ)対応表

剤の種類 対応する容器
(ジャー/パウチ)種類
剤使用個数 使用するクリップ 収納シャーレ個数
(Φ90mm)
アネロパック・微好気 角型ジャー標準2.5L(A-110) 1個 --- 10~12個
アネロパック・微好気(7L用) 角型ジャー大型7.0L(A-112)     1個 --- 36~42個
アネロパウチ・微好気(パウチ袋用)
 
 
Wチャック付パウチ袋(A-65) 1個 --- 2個
パウチ袋(A-58) 1個 A-72 2個
アネロパウチ・微好気(薄型ジャー用) 角型ジャー薄型420ml(A-111) 1個 --- 2個