SG定温輸送パッケージ(2-8℃)のしくみ

独自の組み合わせにより、長時間の温度保持、下限2℃以下逸脱の防止、庫内温度の均一化を実現します。

STEP1 高性能真空断熱容器BioBoxPLUSが庫内の温度を安定

高性能真空断熱材(VIP)を100%被覆した断熱輸送ボックスを使用。外気の影響を受けにくい構造の為、中の温度がぶれにくく、保冷剤・蓄熱剤を長持ちさせることが出来ます。

STEP2 保冷剤(蓄冷剤)が冷熱を伝導

凍結させた保冷剤からの冷熱(-25℃~0℃)が、融解状態のサーモストレージ4へ熱伝導します。
冷気:-20℃~0℃

STEP3 サーモストレージ4(蓄熱剤)が冷熱を吸収し、4℃を保持

サーモストレージ4が保冷剤からの冷熱を吸収し、凝固熱(4℃)を内箱内へ熱伝導させます。
冷気:4℃程度

STEP4 プラス内箱が4℃を箱全体へ伝導

熱伝導の高いアルミ製のプラス内箱が、サーモストレージ4からの凝固熱(4℃)を効率的に内箱全体へ熱伝導させます。